パッティングストロークとラインの読み方

パッティングストロークとラインの読み方

ホールアウトするための最後のパット、これがうまくいかなければどんなに素晴らしいショットを打ってきても水の泡と化します。特に短いパットを外した時など、どうしようもない切なさがこみ上げてきます。このパット自信をもって打てるようになるにはどうすれば良いのでしょう。

パターの握り方と構え方

普通サイズのパターの場合、オーバーラッピンググリップとクロスハンドグリップが主流です。他にもグリップ方法は有りますがそれは他の解説書をご覧ください。
オーバーラッピングは右手で左手を包み、クロスハンドは左手で右手を包みます。右手首を固定しやすい人はオーバーラッピング、左手グリップを固定しやすいひとはクロスハンドの方が良いでしょう。左右の手の位置はなるべく同じにする方がストロークし易くなります。

一般的な構え方は、通常ショットのように両脇をつけ、前傾は普通、右肘左肘を同じように少し曲げて構えます。首の後ろを軸に回転させますから円弧のトップで打つイメージです。通常ショットの、ボールを目標方向に打ち出すやり方と似ています。

  • ボールは、体のセンター
  • 両脇はかるく締める
  • 肩の力を抜く=肩を下げる
  • スタンスはやや広め
  • 肩と頭のラインは同じにする
    頭の回転と肩の回転ラインが違うと方向感が出ずらい。

5角形型

昔からある構え方で、両脇は開き両肘を大きく曲げることで、手と肘と胸でできる形が5角形に見えるのでそう呼ばれています。私もこの構えで、グリップはオーバーラッピングでしたが、数年前に引っ掛かりが強くなりクロスハンドに変えました。

5角形型の良いところ

  • 肩の力が抜けやすい
  • パターをつるように持てる
    私は構えた後、グリップを緩めてヘッドをグリーンに落ち着かせます。そしてまたグリップを握ります。この時フェースの向きが目標を向くようにアドレスを調整します。パターをつるように持っていると、この作業がとてもやりやすいのです。
  • 微妙に手を使える
    これは欠点でもありますが、体が思うように動かない時など手で少し操作するのに役立ちます。

ラインを読む

ボールが転がるラインを決めるのは、傾斜と芝目とパッティングの強さです。

傾斜

傾斜は見れば分かりますが、平らに近い微妙な傾斜は読みにくいです。遠くからしゃがみ込んで見ているのはこの傾斜の確認です。
どちらに傾いているか迷った場合は、ほとんど平と思って間違いありません。光の当たり具合で微妙な盛り上がりを感じたりする時は、調子が良い時ですから感覚を信じてラインを考えます。
傾斜の強さでどれくらい曲がるかは、表す方法がないので経験と感に頼るしかありません。

芝目

芝目は白っぽく見えるのが順目で、緑が濃く見えるときは逆芽です。直接芝を見ても傾いている方向は分かります。ラインを読むときは傾斜を主に考えますが、順目の時は曲がりは少なく、逆芽の時は曲がりを大きく読みます。芝が短かく刈ってある速いグリーンは芝目より傾斜の影響が大きくなります。

パッティングの強さ

傾斜や芝目はそこに存在する事実ですから、プレーヤーはどうにもできませんが、パッティングの強さは自分で調節することが可能です。

ボールをある位置で止めようとすると、打ち出し強さと方向は1種類しかありませんが、カップインするラインはたくさん有ります。たくさん有るといってもそのラインに合う強さはやっぱり1種類です。ただ短いパットになればなるほど強めであればその強さの範囲は広くなるので「短いパットは曲がる前に入れろ」と言われる理由です。

ロングパットになると入る確率はほとんどないですから、できるだけカップの近くで止めたいと思います。この時は強さと打ち出し角度は1種類しか有りませんから、長くなればなるほど寄せることが難しくなっていきます。

ラインを読むときに注意することは

  • 直感を大事にする
  • ボール付近ばかり見ないでグリーン全体の傾斜を把握する。
  • スピードが遅くなると曲がりが大きくなることを意識する。
  • カップまでの長さの6割ぐらいは曲がらないと読む。
  • 強い時のラインと弱い時のラインを考える。
  • どちらに曲がるか分からない時は考えない。

パッティング

ここまでは1分もあれば十分でしょう。グリーンに歩いてきた時から考えていますから、最初のプレーヤーであってもすぐにアドレスできる状態になっています。

ラインは読んだ、強さも頭に入った、さあアドレスです。
アドレスの前に想像したカップ位置を見て実際と同じ力でストロークの素振りを1・2回行います。筋肉に動かす力加減を覚えさせるためです。

アドレスはカップに対してではなく、打ちたい方向に対してパターを一番出しやすい方向に向きます。構えてから打ち出し方向を変える場合は必ずアドレスの向きも変えます。打つ時は何も考えないで振り幅だけを意識します。時間をかけると、先ほど覚えさせた力加減を忘れますから8秒以内に打つことです。

ストロークで注意すること

  • 円弧はできる限り左右対称にする
  • 振り幅はフォローを大きく
  • 肩の回転で打ち、腰から下は動かさない
  • ヘッドは加速させて打つ(合わせてはいけない)
  • インパクト後までボールから目を離さない
    早く離れると右肩が前に出て引っ掛けやすくなります。

まとめ

パッティングは最後のショットですからミスは即スコアに影響します。また日によって好不調が出やすいので、自分の打ち方が合っているかどうかも分からないのが実情です。パターがうまいと言われる人は、自分と違う何かを必ず持っていますから、よく観察してまねてみるのも一案です。

Scroll Up