ショットの方向性を安定させるには

ショットの方向性を安定させるには

ティーショットがフェアウェイ真ん中、セカンドショットでナイスオン、ワンパットでバーディーなんて、みんながあこがれるゴルフですね。そしてこの方向を安定させようと、せっせと練習場に通っているわけです。ではどうすればこんなゴルフが出来るのでしょう?

方向を決めているのは何か

もちろんクラブのフェースですね。フェースが右を向いていればクラブをどのように振ってもボールは右へ行きます。つまりインパクトの時、わずかな時間だけ(ボールがフェースに当たってから離れるまで)フェースが目標を向いていれば、スイング軌道に関係なく球は目標に向かっていきます。

木がスタイミーになる時の対処法 でも述べたドローとフェードの打ち方を思い出してください。

 

右がドロー左がフェードですが、フェースの向きはどちらも目標地点をさしています。打ち出しが右方向に出るボールには左スピンが、左方向に出るボールには右スピンがかかり、自動的に目標に向かっていくわけです。

プレーヤーは、インパクト時にフェースが目標に向くようにスイングするだけなのです。

スライス、フックが出る時のフェースの向きとスイング軌道 を参照してください

フェースが目標を向かない理由

ゴルフは遠心力を使って飛ばします。つまり回転(円)運動ですからフェースが目標を向くところは1点しかありません。だからフェースを目標に向かせることが難しいわけです。

ドライバーと、サンドウェッジのスイングプレーンを考えてみると、ドライバーはウェッジに比べてフラットですから、フェースを目標に向けることがより難しいということです。

もう一つが手のローリングです。ほとんどの人が手をローリングさせてクラブを振っています。手をローリングさせるということは、回転運動でクラブフェースを目標に向けることが難しいのに加えて、手までも元に戻さなければいけません。

フェースを目標に向けるための有利なスイングとは

どんなスイングでしょうか?

  1. クラブヘッドのプレーン角度をなるべく立ててスイングすれば、方向性には有利に働きます。クラブヘッドが体に近い所を通るようにスイングする。
  2. 右肘の曲がりを保ってインパクトに入り、インパクト後に肘が伸びるイメージでスイングする。右肘が伸びるときはクラブヘッドが目標方向に動くからです。
  3. 腰は動力であるが回し続けても効果はない。30度から40度くらい回るとそれ以上は回らない(回りにくい)ので、そのポイントがインパクトと考える。スイングの中で一番安定した位置であるから、フェースの向きもターゲットに向けやすいのです。
  4. 手のローリングを0にしてスイングする。その時にインパクトの形を意識して、左手の甲あるいは右手のひらを目標に向けるようにスイングする。

まとめ

ざっと書いてみましたがこれだけで方向性が安定するとは思いませんが、やってみようと思われる方はぜひトライしてみてください。

Scroll Up