全日本大学女子軟式野球大会-魚津桃山野球場

全日本大学女子軟式野球大会-魚津桃山野球場

この大会は、全国の大学女子野球部が8月に魚津に集まり、桃山運動公園と天神山球場で熱戦を繰り広げます。もともとは魚津の洗足学園魚津短期大学と神戸の山手女子短期大学が定期戦を始め、1987年(昭和62年)に全国の大学女子野球部が集まり天神山野球場で、第1回大会が開催したのが始まりだそうです。

2017年の出場校と組み合わせ

今年は22チーム(26大学)が参加し8月25日16時よりありそドームで開会式、26日9時から両球場でマドンナ達の戦いが始まります。

魚津市実行委員会 事務局資料より

試合の様子は

8月26日 桃山野球場

第3試合 上智大学X大阪芸術大学
1回裏上智大学の攻撃の円陣模様

8月27日 桃山野球場

昨日より観客は増えています。今日は4試合あるせいか、練習している大学もあり、球場の周りも学生がいっぱいでにぎやかです。

8月30日 桃山野球場

今日は決勝戦 残念ながら観戦に行けませんでした。試合結果は日本体育大学が2対1で東京女子体育大学を下し優勝しました。
第3試合 東京女子体育大学X椙山女学園大学
球場いっぱいに応援歌が広がり大変にぎやか!ビックリです。
3回表が終了した椙山女学園大学の選手たちです。

桃山運動公園

今年の5月29日の植樹祭が開催されたところでもある魚津市の桃山運動公園は、南部の丘陵地帯にあります。普段からスポーツのイベント会場として広く利用されています。

現在の植樹祭モニュメント、植樹祭の光景が思い出されます

桃山の施設

施設は陸上競技場、野球場、屋内グラウンド、テニスコート8面、芝生の広場、遊具広場などがあります。

陸上競技場

日本陸上競技連盟第2種公認
トラック 全天候ウレタン舗装400m×8レーン
スタンド:6,420人 (メインスタンド 1,700人、サブスタンド 1,600人、バックスタンド 3,120人)

過去にサッカーのカターレ富山の公式試合が、3回開催されています。

芝生の広場

陸上競技場の山側に広がる芝生の広場、子供たちの遊べる遊具もあり、家族そろって自然を満喫するには最高の場所となっています。

天神山野球場は

魚津市小川寺の新川学びの森天神山交流館の前に有ります。付近では縄文土器も多数見つかっており、歴史を感じさせる場所でもあります。

また付近にはぶどう畑も点在していて、西布施ぶどうとして知られています。小規模ながらも栽培品種は30種ほどとバラエティー豊かで、デリケートで輸送できない品種など、直売所でしか買えない品種もあります。シーズンごとにいろんな味を楽しめます。

Scroll Up